アラサー女子のバリ2人旅行*レンボガン島で素晴らしい海を満喫する旅

バリ旅行でのアクティビティにおすすめしたいのがレンボガン島!

今回はレンボガン島での1日について、記事を書いていきたいと思います。

ざっくりした工程はこんなところ。

8:30 クロボカンのヴィラを出発

9:30 バリ島の港に着&高速船へ

10:30 レンボガン島に着

シュノーケル&SUPでマングローブ散策

14:30 ランチ

15:45 イエローブリッジ

16:15 悪魔の涙

16:30 ドリームビーチ

17:45 レンボガン島出発

18:45 バリ島へ帰島

1.レンボガン島って?

レンボガン島は、バリ島の東に位置する小さな島。バリ島からは約18キロ離れており、面積は約8キロ㎡です。

f:id:nekohana7:20190405123103p:plain

行ってみて驚いたのは、圧倒的にきれいな海・・・!!

f:id:nekohana7:20190324213908j:plain
ここで1泊すればよかったと思うほどにきれいで、見てて飽きない光景が広がっていました。

f:id:nekohana7:20190405182439j:image

街中でよく見たペンジョールもあります。

f:id:nekohana7:20190405182455j:image

まさに、異国の海がそこにありました。

2.タビナカでツアーを予約

リゾート旅だし、ということで人様のチカラに頼り切ることに。今回はタビナカのツアーを利用しました。

tabinaka.co.jp

ツアーの申し込みは大正解で、日本語ができる現地スタッフが1日付き添ってくれます。2人分の申し込みでスタッフが1人付きっきりってすごいのでは!?

f:id:nekohana7:20190405182412j:image

ヴィラまでの送り迎えもしてくれますし、高速船のチケットも難なくゲット☆ケータイを持ち歩けないマリンアクティビティでは、SUPにのった写真を撮ってくれるという気のききよう!!

f:id:nekohana7:20190324213931j:plain
レンボガン島にいる間は、同じタビナカのツアーを申し込んだ1家族とその付き添いスタッフと行動を共にしました。私たちのスタッフはアモさん、もう1家族のスタッフはヤマさん。アモさんもヤマさんも、性格・雰囲気は違うけれど、それぞれに魅力があり、バリのこと、レンボガン島のことをよく知っていて、とても頼れる人たちでした。

3.服装・持ち物は?

行くときの服装は半ズボンやワンピースなど、足を出せる服装をおすすめします。

なぜなら、乗船&下船のときに海に入らないといけないから!!

f:id:nekohana7:20190324214115j:plain

足元も、サンダルなど濡れていいものがよいですね。サンダルも、しっかりホールドできるタイプがいいです。しっかりめのクロックスもよいと思います。

f:id:nekohana7:20190405123024p:plain

f:id:nekohana7:20190405123037p:plain

 

バッグはリュックやショルダーなど、両手が空くものがおすすめ。もっと欲を言えば、濡れていいものがよいです。乗船&下船の天候や波の状態により、激しく濡れたりする恐れがあるのであしからず・・・

持ち物については、着替え一式やタオルはもちろん、羽織りものもあるとよいです。日焼け止め・サングラス・帽子といった日光対策もお忘れなく!!

延々と太陽が照り続けるので日焼け止めもこまめに塗りましょう!わたしは日に当たりすぎてどっと疲れてしまったので、太陽との付き合い方にはご注意ください。

4.いざ、レンボガン島へ!!

ツアーの前半はマリンアクティビティ。シュノーケルではカラフルな魚と多様な形のサンゴ礁に大興奮で、潜り続けていました。

f:id:nekohana7:20190405182514j:image

そのあとはお待ちかねのお昼ご飯。カレーをいただきます。

f:id:nekohana7:20190405182526j:image

お店の上の方にはプールがあり、海を見ながら泳いだりプールサイドでのんびりしたり。

f:id:nekohana7:20190405182543j:image

着替えると島の散策です。

f:id:nekohana7:20190405182805j:image

軽トラの後ろに座席を設けた格好の車にのって、観光スポットのイエローブリッジへ。

f:id:nekohana7:20190405182602j:image

さらに車にのって悪魔の涙(通称:デビルティアーズ)へ。

f:id:nekohana7:20190405182643j:image

どうなってんだ!?コレ。

とわけがわからない。でも、スゴイ!!自然ってすごいなぁと思う1場面でした。

最後は観光スポットのドリームビーチへ。

写真スポットになっているブランコで記念撮影して引き返します。

気づけば17時。帰りは潮が引いていて、高速船が砂浜に近づけないため、小さなボートに乗ってから、沖にある高速船に乗り込むスタイルでした。

f:id:nekohana7:20190405182739j:image

帰りの高速船は2人とも爆睡。よく遊んだ1日でした。

5.ふりかえり

何度思い返しても、あの海は素晴らしかった!!そう思います。常夏の島、ならではののんびりした雰囲気を存分に味わうことができ、自然も最高でした。交通の便や日本語を話せるスタッフとの会話を考えると、ツアーを利用したのは正解でした。

反省としては、はしゃぎすぎたこと。調子にのってシュノーケルで潜り続けたため、体力消耗が激しく、翌日に影響が出ました(笑) みなさん、お気をつけください。

最後に、今回対応していただいたスタッフのアモさんには、改めて感謝したいです。素敵なレンボガン島の旅をありがとうございました!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。よき旅の参考になれば幸いです。それではみなさん、ごきげんよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です