2泊3日の石垣島旅行*知っておくとますます楽しい沖縄ソング

今回の旅行では、あちこちで沖縄民謡や沖縄ポップなどの歌をきくことができました。現地で知る楽しみもありますが、旅行前から知っておくとより楽しく過ごせると思いますので、選り抜きの5曲を紹介したいと思います。

1.安里屋ユンタ(民謡)

竹富島や由布島で水牛に乗ったならば必ず耳にするのが安里屋ユンタ。「さぁゆいゆい」の部分で合いの手を入れれるようになればもうバッチリ!!

f:id:nekohana7:20190407101256p:plain

この民謡のモデルとなったのが竹富島で生まれ育ったと伝わる絶世の美女・安里クヤマ。竹富島ではクヤマ生誕の地が歌詞とともに残っています。

いろんな沖縄出身の歌手が歌っているので好みのものをチョイスください。

2.オジー自慢のオリオンビール/BEGIN

居酒屋の島唄ライブでは定番の盛り上げソング。一度はオリオンビールを飲みたくなる1曲です。

f:id:nekohana7:20190407101437p:plain

「島人ぬ宝」が圧倒的に有名なBEGINですが、竹富島に行くならば「竹富島で会いましょう」もおすすめです。

3.アンマー/かりゆし58

アンマーとは、沖縄の方言で「母」を意味します。母を想う歌詞とは裏腹に軽やかなサウンドが響き、思わず涙が出てくる名曲です。

f:id:nekohana7:20190407101522p:plain

4.ハイサイおじさん/嘉納昌吉&チャンプルーズ

リズムもよく、コミカルな楽曲です。琉球語が多く使われているので意味は全くわからず、陽気な曲だと思っていたら、沖縄の悲しい歴史と平和を歌ったものだそうです。

f:id:nekohana7:20190407101553p:plain
嘉納昌吉&チャンプルーズは、嘉納友子をボーカルにした「花~すべての人の心に花を~」も有名です。

5.沖縄ジントヨー(民謡)

居酒屋の島唄ライブではじめて聞きましたが、なんとも懐かしく耳に残る歌で、個人的におすすめな1曲です。

残念ながら、CDではなかなか聴くことができないので今回は歌のタイトルのみご紹介。

「沖縄(沖縄)よいとこ(よいとこ)一度はめんそーれ」のフレーズがキャッチーです。

以上、石垣島旅行では知っておくと楽しい沖縄ソングでした!

良き旅の参考となれば幸いです。それでは、ごきげんよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です